ナショナル大学 医療修士:MPH(公衆衛生)
・MHA(医療管理)プログラム

 

アメリカ ビジネスインターン MPH(公衆衛生)

■ 米国優良認定校:WASKの認可校
  1971年に創設されたナショナル大学は、1977年全米で権威ある国際的な評価団体WASC*より優良学校としての認可を取得したカリフォルニアで2番目の規模を誇る総合大学です。世界76カ国から集まる留学生受け入れは、サンディエゴ本校・ロサンゼルス分校の2 校で、日系企業研修に便利な立地です。

■ 毎月1科目受講の医療大学院(公衆衛生学部など)のユニークなカリキュラム
 医療大学院の入学時期は3月か9月の年2回、カリフォルニア州サンディエゴ本校で受講します。特筆すべき点は、ナショナル大学は、社会人向けに特別に組まれた大変フレキシブルな実践カリキュラムが特徴で、各自がマイペースで自由に履修することができます。休暇が短いため、短期間で卒業できるのが魅力。全16科目を毎月1科目だけに集中して受講していくため、最速16ヶ月で大学院医療系修士号(公衆衛生・医療管理)学位を取得できます。しかも、講義は週3日で、9時間の授業以外は週3-4日のCPTインターン研修も同時進行で行えます。

■ 医療大学院留学生への条件付特別推薦入学制度と医療留学入学規定・月払いの学費支払い・留学対象の奨学金制度 
 入学基準はTOEFL・GRE提出が免除の上、入学基準GPAも2.5以上でOKです。また、一般的な医療系大学院プログラムと比較すると学費は月払いで格安、しかも留学生対象の奨学金(スカラシップ)制度も充実。当大学では留学生対象のナショナル大学付属語学学校・ELP(English Language Program)からのブリッジプログラムからの平均3-5ヶ月の短期限定集中受講から医療大学院プログラムへの条件付特別推薦入学での合格保証制度を設けており、英語力から伸ばしたい社会人留学生には大変門戸が広い大学です。
 
■ 日系企業の多い南カリフォルニアでの医療大学院留学生のインターンシップ研修・企業情報
 
ロサンゼルスを中心とする南カリフォルニア(LA近郊やサンディエゴ近郊)では日系の医薬品企業も多いため、在学中に就労スポンサーがみつかれば、CPTインターン研修や、卒業後12ヶ月間のOPT有給インターン研修も可能。ナショナル大学での大学院修士号の学位で、アメリカでの就労チャンスが拡大します。
 
■ 理工系学部卒業生対象特別インターン研修制度
 さらに米国移民局では、2008年より大学院理工学系学部卒業の留学生には、「STEM」という特別インターン研修制度により、さらに24か月もの延長就労が合法的に認められることになりました。従って、ナショナル大学医療学部を卒業後にスポンサーさえみつかれば、最長2年9か月間も合法的にインターン研修で就労をすることが可能。ナショナル大学医療学部での修士号の学位で、アメリカでの就労チャンスが拡大します。

STEMについては、移民局サイトをご参照ください。
 
■ 滞在先情報
ナショナル大学では、留学生にホームスティやアパートなどの滞在先も斡旋しています。また大学では珍しく、24時間オンラインカウンセリング制度があり、留学生活でのサポート体制も整っていて安心です。

 

ナショナル大学MPHプログラム講義概要

 

ナショナル大学理学部医療系プログラム2学科

・The Master of Public Health (MPH) 公衆衛生学 MPH講義概要はこちら
・The Master of Healthcare Administration (MHA) 医療管理学

 

ナショナル大学大学院と英語研修プログラム

大学院MBA(経営管理)学部
MPH(公衆衛生)学部
MHA(医療管理)学部
ナショナル大学付属語学学校・ELP(English Language Program)

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.