ニューヨーク マンハッタンの安全・安心な滞在先 (個室食事付)

★ 日本人経営の格安ホテルの現状

これまでニューヨークの滞在先探しで、価格の「安さ」だけにつられ、ハーレム・ヒスパニックハーレムなど、お世辞にも環境が良くない地域のホテルに 宿泊をしてしまった短期留学生や旅行者が数多くいることでしょう。実際、日本人が経営をするアパートメントホテルのほとんどが「格安」を最優先で売り物にしていることが多く、また「鉄格子」付のホテルの窓の外で、ヒスパニックや黒人なまりの英語が24時間大声で飛び交っている現状を目の当たりにし、女性は恐怖を感じることが多々あります。つまり、そういう準危険地域に居住するということは、毎日の通勤・観光で、物騒な近隣住民と地下鉄をともに利用しなければならない、という緊張感連続の生活を強いられることになります。

アメリカ留学機構提携の欧米系厳選学生寮とは?

 

★ アメリカ留学機構厳選、安心・安全な欧米系学生寮(女性会館・男性会館)

アメリカ留学機構がお奨めする学生寮は、マンハッタンの住居費や物価高からは信じられないほど、安全な立地条件と環境、全個室、価格は調度品を’IKEAの家具’を優先しなければ申し分なく、おまけに食事までついている、という好条件。欧米系の慈善団体が経営をしているため、英語環境で多国籍の若者との交流が深められ、英語力を磨くには絶好のチャンスです。

場所はマンハッタンの高級住宅街セントラルパークからすぐ近くのUpper East、 またはリバーサイドパークからすぐ近くのUpper Westにある欧米系の男性・女性各専用のレジデンスです。双方とも各国からの留学生が集まっており、国際的な雰囲気が味わえます。費用は食事付個室・光熱費込で、アメリカ留学機構を通すと学割価格が適用され、月約$900より。(通常一般の宿泊料金では月約$1500。)(*滞在先手配料は別途かかります。)

■ NY女性専用レジデンス(2食付個室)

  1. アッパーウエスト 欧米系女性専用レジデンス:リバーサイドパーク沿いの女性会館
    高級住宅街 芸術家の街 ・朝夕2食付・家具付個室・月$1118より【光熱費込】

    詳しくはこちら

  2. チェルシーミッション系女性会館・朝夕食付個室週$370・日$70長期可【光熱費込】

    詳しくはこちら

  3. ウエストビレッジ2食付女性会館バスルーム付個室月個室月$1650・相部屋$1210より【光熱費込】

    詳しくはこちら

 

■ NY男性専用レジデンス(食事付個室)

レディガガの実家近く、セントラルパークまで徒歩圏内の高級住宅街
E 86 欧系男性会館・長/短期滞在夕食付個室週$235(学生・インターン生)・一般$245【光熱費込】

詳しくはこちら

 

■ NY女性専用レジデンス(2食付個室)

  1. リバーサイドパーク沿いの女性会館 高級住宅街 芸術家の街 アッパーウエスト

    欧米系女性専用レジデンス・朝夕2食付・家具付個室・月$1118【光熱費込】

マンハッタンの高級住宅街Upper West Riverside Park近くの女性会館。フルコースの食事が朝・夕2食ついているのでおすすめ。各国の留学生が集まっており、国際的な雰囲気で英語力をKeepできます。24時間セキュリティーシステムも万全。費用はアメリカ留学機構を通すと2食付で月約$1118より。(通常一般の宿泊料金は月約$1500〜)

  • 女性会館は、アメリカ・マンハッタンで働く自立した女性のための滞在施設です。
  • 一般の方へはアメリカ留学機構が特別に法人提携を組み、学割価格で特別提供をしております。
  • 女性会館はホテルではありませんので、入居日は原則的に毎月1日が入居日です。
  • ほとんどの女性会館は1階の共有スペースでWiFi使用が可能。個室での使用は個人契約になります。
  • 女性会館はホテルではない為、ドライヤー・タオル・シャンプーなどの 付属消耗品は一切常備しておりません。よって、それらは全て各自でご用意下さい。
  • 女性会館は個室のみで、相部屋または男女のカップルの方はご入居できません。
  • 長期:朝夕食付個室月$1118より【光熱費込】
  • 短期:空き状況により27日以内の短期滞在も可能。短期宿泊費用は2食付個室で1日$90。
  • 長期申請に際し、申請手配費用$300と申請費用$50の$350がかかります。
  • 短期申請に際し、申請手配費用$200と申請費用$50の$350がかかります。
  • 夏の滞在、特に格安のお部屋は、毎年4-5ヶ月前でほぼ満室になります。
  • 毎年1月現在で4月までほぼ満室、5月現在で10月1日までほぼ満室、10月現在で年内入居はほぼ満室のため、 即入居は1-4週間の短期滞在しかお引き受けできません。
  • 部屋の費用は5段階あります. ($1118.00, $11 87.00, $1213.00, $1243.00, and $1331.00 )
  • 金額の違いは、部屋の広さや方角(角部屋)日当たりなどにより変わります。 一番高いお部屋($1331)は、個室内に隣人と共有の専用バストイレがついています。 最低金額のお部屋は、提携先である各語学学校の学生が、夏休みは既に去年から抑えてしまうため、ほぼ満室です。
  • バスルームは共有です。各フローアに二つづつあります。バスタブもあり、冬はお風呂に入ることも可能です。
  • 内線電話接続費用(初回入寮時のみ)$25がかかります。
  • リネン代$60は(シーツ・枕カバーのセット)を日本からご持参されればこちらは差し引かれて 無料になります。
  • 食堂は地下、カード式のコインランドリー、自炊用キッチンが最上階にあります。
  • 門限はありません。スタッフによる24時間セキュリティーで安心です。

女性会館滞在体験談はこちら

 

■ NY男性専用レジデンス(食事付個室)

レディガガの実家近く、セントラルパークまで徒歩圏内の高級住宅街 NY格安で安全・安心な欧米系男性寮滞在体験談:アッパーイーストで食事付個室週$235(学生・インターン生)・一般 $245!


マンハッタンの高級住宅街Upper East Central Park近くの男性会館。国際的な雰囲気で英語力をKeepできます。
24時間セキュリティーシステムも万全。費用はアメリカ留学機構を通すと昼食か夜食のどちらかを選べて週$235より。
(通常一般の宿泊料金は$300。)

  • 当男性会館は、アメリカ・マンハッタンで働く自立した男性のための滞在施設です。
  • 一般の方へはアメリカ留学機構が特別に法人提携を組み、学割価格で特別提供をしております。
  • 男性会館は個室のみで、相部屋または男女のカップルの方はご入居できません。
  • 昼か夕食付 個室週$235(学生・インターン生)$245(一般)【光熱費込】
  • 申請に際し、申請手配費用$300と申請費用$70の$370がかかります。
  • 夏の滞在は、毎年4-5ヶ月前でほぼ満室になります。
  • 毎年5月現在で8月まで、7月現在で10月まで、10月現在で年内ほぼ満室です。

男性会館滞在体験談はこちら

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.