MBAとは?:MBA留学の入学条件・留学費用

 

MBA(Master of Business Administration)プログラム入学には、さまざまな入学基準が求められます。まずは一般的なMBAプログラムMaster of Business Administration)の 申請基準を紹介します。

TOEFL 基準とESL条件付入学規定
通常のMBA留学では、TOEFL iBT:80点 (PBT:550点)以上、名門校ではTOEFL iBT:100点 (PBT:600点)以上の得点提出が要求されています。上記規定TOEFL得点に満たない場合、付属の語学学校での英語研修で規定のTOEFL得点取得を経て、MBA入学が正式に可能となります。ただし、規定のELS英語研修受講期間は事前に判明できないため、ESLだけで半年から1年以上時間と費用を費やすことになります。

GPA基準
米国の大学院申請では、GPAにより足切りをされるところが大半です。たとえば、州立の大学院では最低3.0以上のGPAが要求とされ、名門校ならば最低3.5以上のGPAが入学基準で必要です。したがって、GPAとTOEFL得点が申請時に非常に重要視されますので、ご注意ください。また、留学生対象の奨学金取得基準はおよそ3.75以上
となります。

GMAT基準
一般的なMBA留学では、GREまたはGMATの提出が必須です。MBA TOP 50のMBAを例にとりますと、GMAT得点の最低基準は530以上となっています。上記規定GMAT得点に満たない場合、規定得点取得を経て、ようやくMBA入学が正式に可能となります。ただし事前に入学までどのくらいの時期がかかるのかが判明できないため、入学までに半年から1年以上の時間とお金を費やすことになります。

職務経験
多くのMBA申請では、実務経験を要求されることがあります。経験年数はおよそ5年から10年を要求されるところが多いようです。また、ある程度の実務経験により、学部規定科目が免除される場合もあります。

留学開始時期
一般的に大学の入学時期は、秋学期の9月・春学期の1月の年2回となります。ただしInternational MBAのような短期集中の特殊プログラムですと、秋学期のみの9月入学をしている大学が大半です。

留学期間
International MBAのような短期集中の特殊プログラムですと、留学期間は最短13か月ほどですが、これにはかなり高い英語力が求められます。ふつう大学では夏・冬・春休みが学期ごとにあるため、卒業までに約2年は最低かかるでしょう。

留学総費用
州立大学のMBAプログラムでもおよそ500万以上の費用が見込まれます。授業料、滞在費、食費、交通費、保険、教科書・雑費などを入れて、一学年度の総額見込みは、350万から800万円と大きく差があります。

 

 

アメリカ留学機構推奨短期・長期(無給・有給)ビジネスインターンシッププログラム 

Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシッププログラム

U of the Potomac 米国大国際経営学士3年取得+有給インターンシッププログラム

MIM 6ヶ月ビジネス講義+6か月フルタイム有給ビジネスインターンプログラム

MIM6か月経営管理職養成講義+6ヶ月フルタイム有給ビジネスインターンプログラム

MIM1年経営管理職養成:EAE 1年MBA講義+1年フルタイム有給ビジネスインターン

 

 

 

短期留学

 

長期留学

短期留学で効率良く英語力のアップを目指すなら

 

 【休学・休職での英語研修留学】
 
① 英語力が足りない学生・社会人の語学留学

NY優良語学学校英語研修 (帰国就労希望者)

■ 大学付属から大学・大学院へTOEFL免除で推薦入学(カリフォルニア州LA/SD限定)

 

会話中心の語学学校なら

St. Giles(セント ジャイルズ)
Rennert(レナート)

大学進学やビジネス英語などのアカデミックな英語学校なら

ELS
ナショナル大学付属 ELP(English Language Program)
KAPLAN(カプラン)

 

■ 大学付属から大学・大学院へTOEFL免除で推薦入学(カリフォルニア州LA/SD限定)

 

 

短期でグローバルキャリアアップを目指すなら

【休学・休職でのビジネス留学】

② NY MIM:休学留学の6ヶ月ビジネスプログラム
 
■ 日本の外資系企業や国際部での就職を目指す学生・社会人対象(帰国就労希望者)

■ 日本の外資系企業や国際部での就職を目指す社会人対象(帰国就労希望者)

 
休学留学・休職留学に最適。NYマンハッタンウォール街で、大半が欧州からの留学生と共に国際ビジネス講義が学べます。入学時期は年4回です。<*6か月はビジネス講義のみでインターンシップはありません。>

 

 【休職でのビジネス留学】

③ NY MIM:休職留学の6ヶ月国際経営管理職養成プログラム
■ 日本の外資系企業や国際部での就職を目指す社会人対象(帰国就労希望者)
休学留学・休職留学に最適。NYマンハッタンウォール街で、大半が欧州からの留学生と共に国際経営管理職養成ビジネス講義が学べます。入学時期は年4回です。<*6か月はビジネス講義のみでインターンシップはありません。>

 

 

【休学・休職でのビジネスインターンシップ留学】
       
④ NY Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシッププログラム (最短4週間から最長16週間まで)
(帰国就労希望者)

休学留学・休職留学に最適。NYマンハッタンで、語学研修またはビジネス英語と、無給のビジネスインターンシップが最長16週間まで学べます。入学時期は毎週月曜日です。

         

Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシッププログラム詳細へ

 

 
長期の休職・休学留学でグローバルキャリアアップを目指すなら
 
① NY MIM:6ヶ月休職・休学ビジネス留学+6ヶ月フルタイム有給ビジネスインターンシップ留学
 
6ヶ月国際経営ビジネス講義または6ヶ月経営管理職養成講義6か月フルタイム有給ビジネスインターンの1年通年プログラム(帰国就労希望者)

 

6ヶ月国際経営ビジネス講義+6ヶ月経営管理職養成講義と有給ビジネスインターンの1年通年プログラム(帰国就労希望者)

■ 日本の外資系企業や国際部への就職を目指す学生・社会人対象(帰国就労希望者)


② NY・1年MIM Diploma: EAE MBA+1年J-1フルタイム有給ビジネスインターンシッププログラム

 

1年国際経営管理職養成ビジネス講義+1年フルタイム有給ビジネスインターンシップ1年通年プログラム(帰国就労希望者)
 
休学留学・休職留学に最適。NYマンハッタンウォール街で、大半が欧州からの留学生と共に学べます。入学時期は年4回です。
 
NYの外資系企業での有給海外研修経験と欧州MBA学位を1年で取得!2年目はフルタイムで有給ビジネスインターンシップが可能。

 

■ 日本の外資系企業や国際部への就職を目指す学生・社会人対象(帰国修了希望者

■ 米国の外資系企業への転職・就職を目指す新卒・社会人対象(米国就労希望者)

■ 米国日系企業での海外勤務を目指す新卒・社会人の方(米国駐在・就労希望者) 

短期で格安MBA取得を目指す方に朗報。TOEFL規定とGRE・GMAT免除、GPA規定無し、NY MIMで学ぶ1年International MBAのビジネス講義と、世界企業でのJ-1ビザによるフルタイムでの有給ビジネスインターン研修を実践的に身に付けながら、卒業後は欧州MBAランキング67位のEAEビジネススクールの MBA (経営管理修士号)の学位を取得することが可能。入学時期は年4回です。
 
③ 高卒・短大卒・大学中退者に朗報!
NY MIMで学べる米国Potomac大学国際経営学士3年で取得+有給インターン留学
 
 MIMで有給インターンをしながら3年でワシントンDCにあるUniversity ofthe Potomac 国際経営学士号取得プログラム。TOEIC430で入学可。2年目からパートタイムでビジネスインターンシップが可能。高卒・短大卒・大学中退者で、合法的に働きながら米国の大学卒学位を目指す方に最適です。

 

■ 日本の外資系企業や国際部への就職を目指す学生・社会人対象(帰国修了希望者)

■ 米国の外資系企業への転職・就職を目指す新卒・社会人対象(米国就労希望者)

 ■ 米国日系企業での海外勤務を目指す新卒・社会人の方(米国駐在・就労希望者)

 

NY MIMで学べる米国Potomac 大学国際経営学士号取得+ 有給インターンプログラム詳細へ 

 

④ カリフォルニアナショナル大学・15ヶ月米国MBA取得プログラム

 大学付属英語学校からの特別推薦入学が可能。LA・SD米国MBA学位を15ヵ月で取得! 

  

⑤カリフォルニア・ナショナル大学・16ヶ月米国MPH取得プログラム
大学付属英語学校からの特別推薦入学が可能。米国大学院医療留学で公衆衛生学部

■ 日本の外資系企業や国際部への就職を目指す学生・社会人対象(帰国修了希望者)

■ 米国の外資系企業への転職・就職を目指す新卒・社会人対象(米国就労希望者)

■ 米国日系企業での海外勤務を目指す新卒・社会人の方(米国駐在・就労希望者) 

短期で米国のMBAや医療留学を目指す方に朗報。TOEFL・TOEIC・GRE・GMAT免除、GPA規定無し、カリフォルニアのLAとSDにある、ナショナル大学で学ぶ米国WASK認定プログラム。入学前に大学付属英語研修のELPプログラムを終了することを条件に、大学院への特別推薦入学が可能。(受講平均約3-4ヶ月。)米国のMBA学位を15ヶ月、MPH:公衆衛生やMHA:医療管理修士学位は最速16ヶ月で取得する。卒業後は日系企業の多いカリフォルニアで、12ヶ月のOPTも可能。年中温暖な西海岸のサンディエゴ本校とロサンゼルス校での受講が選択できる。毎月1科目受講制度のため、MBA入学時期は毎月、医療修士は年2回(3月と9月)です。
 
アメリカ留学機構では、厳選語学学校の無料斡旋、アメリカNYビジネススクール留学・NY無給・有給インターンシップ留学・TOEFL・TOEIC・GRE・GMAT免除・GPA規定無しでのアメリカMBA(有給ビジネスインターン)留学・NYの格安学生寮斡旋・企業海外研修など、語学留学だけでは物足りない方のアメリカ正規留学を日本語でサポートします。

アメリカ留学機構だからこそ実現できる、休学留学・休職留学でのキャリアアップ。

ビジネス講義, 米国企業インターン同時進行, 格安授業料, 短期ビジネス資格取得, TOEFL免除, GMAT免除, GPA規定無し, 1年MBA:スペイン・EAE半年+NY・MIM半年特別受講可能, 欧州キャンパス受講可能, 特別推薦入学制度, 語学学校, 無料手配
難しいと思われがちなMBA取得・有給ビジネスインターン留学の道ですが、アメリカ留学機構がお奨めするビジネス留学では、短期間でビジネス講義と有給インターンが学べるのが魅力。費用はアメリカの大学院MBA留学の約半額で短期1年MBA+1年有給ビジネスインターンでの欧州MBA学位取得が可能です。最短1か月からの短期ビジネスインターンシップ留学は無給になりますが、ビジネス英語が同時に学べます。詳しくはこちらへ

MIMで有給インターンをしながら3年でワシントンDCにあるUniversity ofthe Potomac 国際経営学士号取得プログラム。TOEIC430で入学可。2年目からパートタイムでビジネスインターンシップが可能。高卒・短大卒・大学中退者で、合法的に働きながら米国の大学卒学位を目指す方に最適です。NY MIMで学べる米国Potomac 大学国際経営学士号取得
+ 有給インターンプログラム詳細へ
 

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.