ナショナル大学・大学院募集要項

 

応募資格・入学規定

ナショナル大学
ナショナル大学大学院

入学時までに高校卒業以上のこと。
(大検受付可能・年齢制限なし・SAT提出規定なし・大学付属語学学校ELP入学申請時にTOEIC/TOEFL規定なし。)

入学時までに大学卒業以上のこと。
(大検受付可能・年齢制限なし・実務経験不問・GRE/GMAT提出規定なし・大学付属語学学校ELP入学申請時にTOEIC/TOEFL規定なし)

入学開始日

 

◇ 毎月1科目受講プログラムのため、毎月指定日に入学可能

2018年ナショナル大学アカデミックカレンダーこちらをクリック
(毎月のオリエンテーション日時・クラス開講日・申請書類締め切り日時を掲載)

注意

※ NU大学申請者は、各ターム締め切り日までに全申請書類が提出出来ない場合、入学許可証とI-20の発行は次ターム以降に繰り下げられます。
※ 入学者は、毎月の受講開始日直前に指定開催をされている2-3日間の「オリエンテーション」参加が全員義務付けられています
※ 各ターム締め切り日までに全申請書類を提出され、入学許可証とI-20が発行されるまで、航空券のチケットは購入しないでください。
※ 上記情報はあくまでも目安です。ナショナル大学側の諸事情により、止むを得なく変更になる場合も予測されます。
※ 具体的な講義日程・講義概要などのスケジュールやカリキュラムの詳細情報は、入学後のオリエンテーションの大学各スタッフの指示に従ってください。
※ 応募締め切り:原則として各入学開始日の3ヶ月前。学生ビザ申請には時間を要するため、余裕をもって4ヶ月前までの申請が望ましいです。


講義開講スケジュール

大学:  月/水 or 火・木: 9:00am – 2:30pm or 5:30pm – 10:00pm
大学院: 月/水 or 火・木: 5:30pm – 10:00pm


入学規定の英語力

 

大学入学規定の英語力 : TOEFL PBT525・iBT70提出・大学付属英語校修了
大学院入学規定の英語力 : TOEFL PBT550・iBT79提出・大学付属英語校修了

 

★上記ナショナル大学入学規定の英語力に満たない方へ

大学・大学院特別推薦入学条件 大学付属英語プログラムELP修了のこと。

 

※ナショナル大学付属語学学校ELPプログラム修了者は、TOEFL提出免除にて特別推薦入学が可能。

詳細はナショナル大学付属 ELP(English Language Program)サイトをご覧ください。

ナショナル大学付属 ELP(English Language Program)

ナショナル大学ELPでは、同大学・大学院への進学を前提に、TOEFL提出免除の特別推薦入学が可能。カレッジスキルやエッセイ Writingなどのアカデミック英語を短期集中に学べる。

 

■ナショナル大学付属 ELP(English Language Program)から大学院特別推薦入学者実績例

過去の入学者実績例①
TOEFL iBT 65 (PBT:513点)点取得者
条件付MBA入学制度により3ヶ月間限定での付属のELP受講を経て、入学後4ヶ月めから正式にMBAプログラムを開始。

過去の入学者実績例②
TOEFL iBT 72 (PBT:533点)点取得者
条件付MPH入学制度によりわずか1ヶ月間付属のELP受講を経て、入学後2ヶ月めから正式にMPH (公衆衛生)医療プログラムを開始。

過去の入学者実績例③
TOEIC 925/ TOEFL iBT 76 (PBT:540点)点取得者
条件付MBA入学制度によりわずか1ヶ月間付属のELP受講を経て、入学後2ヶ月めから正式にプログラムを開始。

過去の入学者実績例④
TOEIC ・TOEFL未受験。渡米5ヶ月の語学研修で中上級クラス終了後、大学院留学に出願。
条件付入学制度により4ヶ月間付属のELP受講を経て、入学後5ヶ月めから正式にMPH(公衆衛生)医療プログラムを開始。

入学規定のGPA

 

GPA規定 (*入学規定のGPAに満たない方も、留学経験や英語力、職歴や学歴などから合否を総合評価をいたしますので、ご相談ください。) 大学:2.00以上~
大学院:2.50以上~

 

入学規定のSAT・GRE・GMAT規定

提出不要

 

入学に必要な申請書類(全書類はアメリカ留学機構ナショナル大学日本語サポートデスクへ、メールの添付書類にて提出のこと)

  1. ナショナル大学所定入学願書(弊社より送付します。)
  2. 入学規定の英語力を示す証明書コピー

    ※TOEFL/TOEICの得点は、入学開始直前まで受験をされ、後で得点の良い証明に差し換えることは可能ですので、現時点でのスコアをご提出ください。
    ※ナショナル大学付属語学学校ELPから受講を希望する場合は、英語力証明の提出は不要。

  3. 大卒者:大学の英文と和文双方の成績証明書と卒業証明書

    高卒者:高校の英文と和文双方成績証明書と卒業証明書

  4. 大学在籍者:現在在籍されている大学の英文と和文双方の成績証明書
  5. パスポートコピー・Fビザの方はビザスタンプ・I-20のコピーも必要
  6. 海外旅行健康保険証書コピー
    ※AIU保険:日本からの渡米者対象者の無料ご案内が可能です。
  7. 英文ドル高の銀行残高証明書 
    ※日本円とアメリカドルの合算証明書、または複数枚の合算証明書でも、規定残高を満たせばご提出が可能です。
    ※ナショナル大学申請時に発行日から1か月以内のもの・ビザ申請に必須・銀行の最低残高証明額は、$33,500より、申請を受付ます。
  8. ナショナル大学所定の銀行発行からの「財政能力証明書」2枚(申請希望者には弊社からお渡しします。)
  9. 申請費用$65

学費(2016-2017年度)

ナショナル大学申請費用 $65
大学付属英語集中研修プログラム
(月 – 木 9AM-4PM)

Level 1-6 : $750/4week (週4日) 授業

Level 7-8: $1,215/4week (週4日) 授業

大学学費 (月/水 or 火・木: 9:00am – 2:30pm or 5:30pm – 10:00pm) $1629/毎月 ($362.00 per unit)
大学院学費 (月/水 or 火・木: 5:30pm – 10:00pm) $1872/毎月 ($416.00 per unit)
大学院 MBA 14ヶ月+1ヶ月卒業研修 = 15ヶ月学費 $28,080 ($1872/毎月) 
大学院 MPH 13ヶ月+1ヶ月卒業研修 = 14ヶ月学費 $26,208 ($1872/毎月)
★ アメリカ大学院では、合法的にCPT/OPT有給インターンシップ就労が可能です。

■ 学費のお支払い方法

※ 2016年7月より、学生ビザ受領後に全プログラムに入学する学生は、それぞれの学費3か月分を全納する規定となりましたので、予めご了承ください。
※ ただし、4ヶ月目以降の学費納入は、毎月の月払いが可能。

(学生ビザ受領学生の過剰払のELP授業料は、そのままMBAプログラム学費としてクレジットされます。)


ナショナル大学では、ELP学生でも条件付き特別推薦入学のI-20が、MBAから発行されます。
通常規定英語力に満たない学生は、米国の大学院からI-20を受領することは稀です。
そのため、休職留学の社会人にとって、他大学よりも学生ビザがはるかに取得しやすい、というメリットがあります。

 

アメリカ留学機構の留学サポートオプションサービス

  1. 日本からのFビザ・Mビザ取得申請代行手配と留学トータルサポートサービス費用 :

    Aプラン $500:「ビザ申請弊社代行+面談直前練習+渡米前留学生活サポートサービス」

    弊社がビザ申請書類であるDS-160代行作成後、記載内容に関しても弊社が最終チェック・修正を行います。($300相当分) ビザ申請支払い($160)・SEVIS費用支払い($200)・面談予約設定代行業務までも、弊社が完了いたします。 (※上記費用にはビザ申請代行業務に加え、「ビザ面談直前(英語での一問一答形式)シュミレーション($50相当分)指導」「申請時のエッセイ無料添削」「米国生活サポート資料」「渡米前オリエンテーションサポート」(「空港送迎案内」「留学のしおり」含む)サービス($260相当分)が含まれます。)

    評判の高いアメリカ留学機構お薦めの ”渡米前留学生活サポート

    「渡米前オリエンテーションサポート」とは?

    Bプラン $300:「校正付ビザ自己申請+面談直前練習付サービス」

    Cプランでは不安の方へ、弊社がお客様に「ビザ申請マニュアル」を手渡し、Cプラン同様お客様ご自身がDS-160作成をデータ入力していただき、弊社が記載内容に関して最終チェック・修正を行います。ビザ申請支払い($160)・SEVIS費用支払い($200)・ビザ面談予約設定代行業務までも弊社が完了いたします。ビザ面談直前には、(英語での一問一答形式)シュミレーション($50相当分)指導も行いますが、渡米前のオリエンテーションサポートは入りません。

    評判の高いアメリカ留学機構お薦めの ”渡米前留学生活サポート

    「渡米前オリエンテーションサポート」とは?

    Cプラン $200:「ビザ自己作成申請」

    弊社が「ビザ申請マニュアル」をお客様に提供しますので、お客様ご自身が最初から最後までご自身で全て行っていただきます。ただしこれは、DS-160というビザ申請書類(約10枚以上)作成の際、質問は承りますが記載内容に関しましてはあくまでも「全てお客様の自己責任」となりますので、記載内容のチェックは全く入りません。よって、申請書類の記載ミス・書類不足の不備によるビザ却下の責任を、弊社は一切負いかねますので、あらかじめご了承ください。また、ビザ申請支払い($160)・SEVIS費用支払い($200)・ビザ面談予約設定につきましても、「ビザ申請マニュアル」に従ってお客様の自己責任で全て行っていただきます。また、ビザ面談直前の(英語での一問一答形式)シュミレーション指導も、渡米前のオリエンテーションサポートも入りません。

    ★その他のオプションサービス
    ・ビザ面接直前のシュミレーション(英語での一問一答形式)練習:$50
    ・米国生活サポート資料:$50
    ・渡米前スカイプオリエンテーション
    (米国生活サポート資料と解説、空港送迎予約情報と案内、留学のしおり、移民法解説):$100

    空港送迎予約案内予約情報
    LAXから滞在際まで直行してくれる、LAで安全・安心なリムジンタクシーのオンライン予約申請の具体的マニュアルと、乗車方法の手引きをご案内します。また同時に、割引クーポンもご進呈。LAX到着後は、リムジンタクシーの運転手が直接出迎えてくれ、滞在先まで直行してくれます。

  2. 入学申請書類提出に必要な英文履歴書・英文エッセイの英文添削費用 1通につき : $60
  3. 語学学校無料紹介・入学手配:無料
  4. ナショナル大学(NU)申請カウンセリング:無料
  5. ナショナル大学付属ELP申請代行費:$100 ・ 大学院入学申請代行費:$300
    【NU ELP・大学院申請査定費・NU申請書類作成指導・英文校正費・NU ELP・大学院 I-20(ビザ申請に必須な入学許可証)発行手配費・アドミッションからの連絡事項通訳費用などを含む】
  6. 海外旅行健康保険案内:
    ※AIU保険:日本からの渡米者対象者のご案内が可能です。

大学斡旋の滞在先情報

1. サンディエゴ本校の滞在先情報

滞在費 : ホームステイ1日2食付
食事無 :月$740・2食付:月$840・手配費$350

詳細はお問い合わせください。

 

2. ロサンゼルス校の滞在先情報

滞在費 : ホームステイ1日2食付
食事無 :月$700・2食付:月$895・手配費$350

詳細はお問い合わせください。

 

留学生対象の奨学金制度

受講3ヶ月修了後、成績優秀者に授与されます。
詳細は資料をご覧いただき、申請後にお問い合わせください。
資料はこちら

 

返金規約

ナショナル大学の返金規約は、一旦納入された学費の返金は一切ありません。
※ 入学時に納入した学費3か月分のうち、過剰払のELP授業料は、そのままMBAプログラム学費としてクレジットされます。

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.