MIM 6ヶ月国際ビジネス講義(M-1のみ半年プログラム)
+6ヶ月有給ビジネスインターン(J-1のみ1年プログラム)

 

M/J-1 6ヶ月国際ビジネス講義+J-1有給ビジネスインターン

:Six-Month International Business Studies

アメリカ留学の短期ビジネス資格でグローバルキャリアアップを目指したいなら、休学留学・休職留学に最適なMIM 6ヶ月ビジネス プログラム がお奨めです。NYマンハッタンウォール街で、大半が欧州からの学生と共に6か月ビジネス講義が受講できます。M-1ビザ渡航の場合、ビジネス講義6か月受講のみで受講中のインターンはありませんが、MIMの6ヶ月ビジネスコース終了後は 1ヶ月のOPT(ビジネスインターン研修制度)が可能です。入学時期は年4回です。

J-1ビザ渡航の場合も、NYマンハッタンウォール街で、大半が欧州からの学生と共に、前期6ヶ月間はビジネス講義を受講し、後期6ヶ月は 世界企業でのJ-1ビザでのフルタイム有給ビジネスインターンシップが行えます

国際経済の中心地であるNYマンハッタンのウォール街にて、欧州EAEビジネススクールカリキュラムの国際的なビジネスの勉強が学べます。6ヶ月のビジネス講義: Six-Month International Business Studies」プログラム終了後には、欧州ビジネススクールのビジネスプログラム修了証が授与されます。J-1の場合、ビジネス講義修了証取得後、インターンを行わず後期の途中で帰国することも可能です。

MIM 6か月ビジネスプログラムパンフレットは こちら

 短期ビジネスインターンをご希望の方は、
Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシッププログラム
語学研修またはビジネス英語と、無給のビジネスインターンシップが最長16週間まで学べます。入学時期は毎週月曜日詳細へ

 

開始日程 1月、4月、7月、9月
受講場所と受講時間 MIM(NY)総318時間(講義:210時間+企業インターン:最低108時間必須)
受講人数 一クラス約15名 (大半が欧州からの学生)
クラスレベルとスケジュール ★ 高卒・大学休学留学なら → 大学レベル (Undergraduate Level)

M-1/J-1:前期6ヶ月:ビジネス講義開講 (9:00am-5:00pm)

J-1: 後期6ヶ月:NYにある外資系企業での有給インターンが可能

★ 大学卒・休職留学なら → 大学卒業レベル (Graduate Level)

M-1/J-1:前期6ヶ月:ビジネス講義開講 (9:00am-5:00pm)

J-1: 後期6ヶ月:NYにある外資系企業での有給インターンが可能

2017-2018年度アカデミックカレンダーとプログラム詳細はこちら

 

必須・選択受講科目

ケーススタディと講義からの2種類+プレゼンテーション

■ 必須5科目:(★大卒レベルと高卒レベルとクラスレベルは異なります。)
・ Business Law and Ethics
・ International Trade and Business
・ Investment Management and Corporate Finance
・ Principles of E-Commerce/ e-Business Advertising Management
・ Intensive Business English
       +
Business Capstone Project/ICTP/Research Project

■ 選択2科目:
・ Principles of Accounting 
・ Principles of Accounting II
・ Corporate Management and Business Environment
・ Information Systems and Operations Management 
・ Corporate Governance
・ Principles of Marketing
・ Organizational Behavior and Change
・ Human Resource Management
・ Human Resource Management
・ Managing Innovation and Technology
・ Business Policy and Strategy
・ Financial Accounting and Management
・ Business English and Communication 

 2017-2018年度アカデミックカレンダーとプログラム詳細はこちら

 

カリキュラムの流れ

A. M-1ビザ取得までの流れ (入学予定日より逆残して、最低でも4ヶ月から半年前には正式申請をしてください。)

・ 弊社へM-1: 6ヶ月ビジネスプログラムに申請・ 

・ M-1ビザ申請に必要な必要書類弊社手配・発行・受領


・ 弊社手配にてM-1ビザ申請・面談・受領

・ 渡米


B. クラス開始から前期半年までの流れ:

・ M-1オリエンテーション

・ ビジネス講義開始 (ビジネス英語講義選択可能) 
  昼間クラス:9:00am-5:00pm
・ ビジネス英語(プレゼンテーション・ディベート能力)の習得

_________________________________

A. J-1有給インターンビザ取得までの流れ (入学予定日より逆残して、最低でも4ヶ月から半年前には正式申請をしてください。)

・ 弊社へ6ヶ月ビジネス講義+6か月有給ビジネスインターンプログラムに申請・ 

・ 弊社が国務省からのDS-2019発行とJ-1ビザ申請に必要な「J-1スポンサーサポートレター」を作成手配・DS-2019などの必要書類弊社手配・発行・受領

・ 弊社手配にてJ-1ビザ申請・面談・受領

・ 渡米


B. クラス開始から前期半年までの流れ:

・ J-1オリエンテーション
  就職指導担当教官とのNYにある有給ビジネスインターン先企業選定会議
  
英文履歴書作成指導 ・英語での就職面接の練習指導

・ 就職指導担当教官の指示により、J-1有給ビジネスインターン先企業への外資系企業インターン就職活動

・ J-1有給ビジネスインターンスポンサー企業面接開始

・ J-1有給ビジネスインターンスポンサー企業内定・

・ ビジネス講義開始 (ビジネス英語講義選択可能) 
 (昼間クラス:9:00am-5:00pm
・ ビジネス英語(プレゼンテーション・ディベート能力)の習得


C. 後期半年からの流れ:
・インターン先外資系企業決定・有給インターン開始・

★ MIM過去30年間のインターン提携先斡旋会社としてMerrill Lynch・AXA Financial・Credit Suisse・Paul Smithなど有名外資系企業を始めNYの世界企業無給インターンリストをご紹介しますが、有給インターンは自己開拓となりますのであらかじめご了承ください。
★ インターン斡旋について:申請学生個々の英語力、職歴、学歴などのバックグラウンドにより、条件の良い有給インターン先から先着順に決まりますのであらかじめご了承ください。なお、無給の方が斡旋の選択枝が広いようです。

詳しくはこちらへ

 

追記事項
  • 6ヶ月でMIMでビジネス講義を先に受講します。
  • MIMの6ヶ月ビジネスコース終了後は、 1ヶ月のOPT(ビジネスインターン研修制度)が可能です。
  • MIMでは、6ヶ月ビジネスプログラムが終了後、さらにインターンを希望する学生に、MIMでの追加科目受講(6ヶ月ビジネスプログラムの再履修や1年International MBAプログラムへの特別推薦入学)を条件に、M・Jビザの延長しながらNYに滞在延長をすることもできます。(*移民局へ滞在延長申請料金が実費かかります。)
  • MIMにて「6ヶ月ビジネスプログラム」を終了後は、英語規定を満たせば引き続き「EAE MBA前期の経営管理職養成プログラム」または「1年International MBAプログラム」への推薦入学が優先的に可能です。
  • J-1ビザでは6ヶ月のビジネス講義の後にさらに6か月の有給インターンシップが可能ですが、M-1ビザではビジネス講義のみで、有給インターンシップはありません。
  • MIMでのJビザプログラム終了後には、2年間自国には留まっていなければならないという「2年間ルール」は適用されませんので、ご帰国後すぐに他のVISAに書き換えて再渡米することが可能です。
  • インターン斡旋について:申請学生個々の英語力、職歴、学歴などのバックグラウンドにより、条件の良い有給インターン先から先着順に決まりますのであらかじめご了承ください。なお、無給の方が斡旋の選択枝が広いようです。
  • 短期インターン留学をご希望の方は
    Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシップがお薦めです。

    Rennert短期一般英語/ビジネス英語+無給ビジネスインターンシッププログラム
    詳細へ

    語学研修またはビジネス英語と、無給のビジネスインターンシップが最長16週間まで学べます。入学時期は毎週月曜日

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.