アメリカ留学機構 【正規留学日本語サポートデスク】
America Study Abroad Network

会社概要

 

会社名

 America Study Abroad Network
アメリカ留学機構 正規留学日本語サポートデスク】

 Professions & Educational Services: 
City of Newport Beach, CA: BT30049511 連邦I.D.: 3-00008431

 BPSS: Certified of the New York State Education Department Bureau of Proprietary School Supervision    Certificate Number: 968-2321

代表者

連絡先 1000 Bristol St. North Ste.17-391 Newport Beach, CA 92660 USA
1(800)-536-4209

無料留学カウンセリング予約・お問い合わせ・資料請求

事業

教育コンサルティング、留学プランニング、キャリアプランニング

 

会社理念

現在、日本で、将来アメリカ留学を計画されているみなさん、または異国の地で、すでに語学留学にて英語を学んでいられる日本人留学生のみなさんにとって、入手できる留学情報の信憑性、留学カウンセラーの資質、宣伝広告の派手な留学会社の勧誘に、疑問や格差や感じられたことはありませんか?

この疑問や格差は、時として、不法就労や不法滞在の遊学生を受け入れる「質の低い語学学校」へ日本人を多数送り込み、高額な金額を請求して暴利を得ようとする「悪徳留学業社」に、言葉巧みに惑わされてしまう、という危険を招くことがあります。

アメリカでの留学を成功に導くためには、まず日本人の少ない環境で、短期間で集中的に英語を学ぶことが、一番有効な手段です。しかし、ただの語学留学だけに留まらず、フルタイムでの有給ビジネスインターン研修経験を、しかも現地アメリカ企業にて、実践的に積むチャンスが与えられるとしたら、勇気を持って、切磋琢磨しながらチャレンジしてみるべきでしょう。

アメリカ留学機構は、将来世界で活躍を志す、そんな日本人留学生をサポートするために設立されました。そのため、現地の的確な情報を基に、あらゆる角度から実践的かつ適切なキャリアアドバイスを、今後の方向性や指針策を具体的に提示しながら、良心的かつ懇切丁寧なサービスを提供しています。

とりわけ、米国の各大学院MBAプログラムや、ビジネススクールの日本語サポートデスクとして、これまで培った経験やネットワーク、またはInternational Admission Office の Directorとの直接交渉により、将来、真の国際人を目指す日本人留学生のための特別推薦制度を、可能にしました。

たとえば、日本の大学を休学留学して語学研修中の方、またはこれからビジネス留学を志す方には、ビジネスの勉強と同時に、世界の外資系企業でのフルタイム有給ビジネスインターン研修を実践的に学べる、魅力的な短期ビジネス留学プログラムをお奨めします。

また、アメリカのMBAプログラム入学準備で現在語学研修中の方や、まだ少し英語力が足りないという方のために、期間限定条件付特別入学制度による高得点のTOEFL特典提出免除やGMAT免除、IELTSやTOEICスコアでの特別入学制度・しかも通常より格安かつ短期間で卒業できる International MBAプログラムもご案内しています。

つまり、アメリカ留学機構が提案するビジネスインターン留学とは、学位や資格にさらなる付加価値を付けられる、実践的なビジネス留学です。この米国企業での実務経験では、これからの国際社会では欠かせない「論理的思考能力(Critical Thinking)」や、「問題解決能力(Problem Solving)」を、実践の場で積み重ねることができます。

これらで培った能力は、帰国後に日本人には欠如しがちな「自己自信や自尊心(Self Esteem)」につながり、その後の就職活動では自身の豊富な留学経験を大いにアピールできることでしょう。

このように、アメリカ留学機構では強い意識を持って留学のチャンスをつかみ、これからの日本の将来を担うべく 未来の国際人を真剣に志す日本人留学生を、心から応援しています。

 

代表挨拶

こんにちは。弊社代表の福地と申します。

私はこれまで20年以上、自らの留学経験やアメリカでの子育てを通し、日米両国の中学〜大学で教鞭を執りながら、バイリンガル教育と教育カウンセリングを実践してきました。

ニューヨークやロサンゼルスでは留学コンサルティング業務に従事し、現在はTOEICやTOEFLでお馴染みの ETS (Educational Testing Services)で、TOEFL Writingの公認採点官を務めています。その傍ら、ここアメリカで、日本人学生の国際化の発展と幅広いグローバル教育の可能性を日々見出してきました。

しかし、近年のアメリカでは、将来祖国のリーダー(幹部候補生)として学ぶ中国系、韓国系、インド系の留学生の進出と、その目覚ましい活躍が目立つのが現状です。その反面、同じアジア人でも日本人留学生の影は年々薄く、その目的意識の低さと消極さに、アメリカにいながら、将来の日本の国際化競争に危機感を感じざるを得ません。

2012年に京都大学の山中伸弥教授は、iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞されました。山中教授は、アメリカ カリフォルニア州サンフランシスコで研究留学をされていらっしゃいましたが、留学時代の指導教官から、”Vision and Work Hard!”の意識を常に持ち続けなさいと、教わり、今ではこの言葉が教授の座右の銘になっているそうです。

これまでの教授の人生は、挫折と再起の繰り返しであったものの、この長く地道な研究の日々を通していつも心に持ち続けておられたのが、この ”Vision and Work Hard!”という言葉でした。つまり、心にしっかりと自分の ”Vision”を描き、一生懸命目標に向かって地道に取り組み続ける、その山中教授の学問に対する姿勢が、今の私たち日本人に必要な「学び」と「勇気」の大切さを、再認識させてくれたのだと思います。

「成功する留学プロセス」も全く同じです。英語はあくまでも「手段」であり、「目的」ではないからです。私たち日本人は「国際人」になるのを夢見て、これまで何年間も学校で英語を学んできました。しかし、Phonics Reading(フォニックス リーディング)の正しいノウハウまで、しっかり身につけている英語教師は、まだ日本には多くはいません。また受験勉強は突破したものの、プレゼンテーションやディベート(討論)指導など、国際社会で実践的な英語を使いこなせる学生も、それを指導する英語教師も、残念ながら少ないのが現状です。

日本人は”Hard Work”は得意ですが、”Vision” を見失っている人が多いと、山中教授も語っておられるとおり、仕事や学業などの現実逃避から、取りあえず海外に語学留学をしたものの、その先の目標が定まっていない留学生があまりにも多いようです。コツコツ努力だけでもだめで、[「高い目標設定」と、「その為の努力」の2つを兼ね備えることが、「真の国際人」になるための重用な鍵なのだと]、私は考えます。

「最終目標がぶれることなく、日々の努力を重ねていくことが大切である」この重要性を踏まえ、アメリカ留学機構では留学無料カウンセリングを通し、皆さんの夢の実現に向けて懇切丁寧にサポートを致します。

専門的な価値ある情報と提案により、将来日本の国際化を担う有望な日本人学生の一助となりますように。教育者として、今後も微力ながら日米の懸け橋になれることを、この上ない喜びに感じております。


 

プロフィール

アメリカ留学機構名古屋市出身、南山学園女子部で学ぶ。公立・私立高校の英語教師を経て、イリノイ大学(University of IL)大学院留学のため渡米。心理学、バイリンガル教育、スクールカウンセリングを専門に学びながら、バイリンガル教育による幼稚園から大学までの子育てを実践。卒業後は、母校イリノイ大学の一般教養学部で日本語講師として招かれる。カリフォルニアの全日制日本人学校にて 帰国子女受験(高校・大学入試)や、TOEFL・SAT指導に従事。

その後、LAとNYのNPO留学会社にて、全米の留学カウンセリングや、ビザ申請業務の傍ら、MBA留学、日本で初めての薬剤師留学や、看護師などの北米医療留学、奨学金留学、ジュニア短期留学などのアカデミック留学から、全米の語学留学やおけいこ留学に至るまで、多岐に渡る留学業務に携わる。現在では、ETS TOEFL Writingの公認採点官や、Beritz USA 日本語講師を経て、米国駐在員家族の教育カウンセラーとしても活躍。

2013年教育コンサルティング事業を立ち上げる。

メディア掲載記事を読む

ニューヨークの情報誌”NY ジャピオン”にインタビュー記事が掲載されました

ニューヨークの経済紙”NY Biz”に、 インタビュー記事が掲載されました

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.